2013年11月20日

養殖飼料ナイシンの開発にエクステ成功


江蘇省科学技術支援プログラム
"新的かつ効率的な水生微生物飼料ペプチド研究と応用(BE2008319)"を負担水産科学淡水水産総合研究センターの中国科学院は最近受け入れを可決した。抗菌ペプチドとエロモナスハイドロフィラ菌の形態、膜透過性および病原性因子を行った。プロジェクトが広域スペクトルスクリーニング技術ウィッグの研究を標的微生物産生株、非常に効果的な広域スペクトル抗菌単離物の三種類へのアクセスを行っその阻害機構を、予備的研究。最適B.amyloliquefa-ciensES-2-4ペプチド液体発酵、抽出及び製造方法。抗菌製品は鯉やカニを促進することができることを示し、抗菌製品の異なる用量フナやカニの成長、腸内細菌叢、そのような研究の免疫と抗酸化効果のための食事療法を実施成長は、病気の発生について予防効果を有し、その免疫及び抗酸化能を増加させる。



ダイエウィッグットや慢性疾患
posted by 隅マタレ at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。